精力剤の成分と頻尿で病院に通院する必要性

精力剤は基本的にはアルギニンやシトルリンが含まれていて、これらの成分はペニスに血液が流れやすくなるので、勃起を維持することができるようになります。またアルギニンはアミノ酸の一種なので体力の回復を促進することができるので、精力剤として飲んだ場合には短時間で効果が期待できます。精力剤にはカフェインやガラナなどが含まれていますが、これは脳を興奮状態にして血流を良くする効果があるので、アルギニンとの相乗効果によって満足度の高い性生活を行うことができるようになります。ペニスに流れる血液は交感神経が興奮すると心臓などに優先的に流れるので、減少してしまうので、ペニスへの血流を阻害する物質をアルギニンによって取り除くことで正常なセックスができるようになります。頻尿は前立腺肥大症が原因であることが多いのですが、男性のほとんどが80歳までに前立腺が肥大するので、ある程度の頻尿に関しては心配する必要がないので病院を受診しなくても良い場合がありますが、頻尿によって夜中に目が覚める場合には生活の質が低下してしまうので、病院で改善するための治療を受ける必要があります。また頻尿は精神的なストレスでも起きることがあるので、仕事で疲れていたり、アルコールを摂取し過ぎることで起きることもあります。しかし前立腺の肥大が原因の場合には継続的に頻尿状態が起きるので、病院で検査を受けて前立腺の治療をすることが大切なのですが、問題がない場合には経過観察をして、サプリメントなどを服用するなどして前立腺の肥大を止めることが中心になります。サプリメントとしてはノコギリヤシなどが多く飲まれていて、男性ホルモンの働きを抑制することができるので、前立腺の肥大を予防できるとされています。