精力増強に役立つ精力剤と睾丸・会陰部のマッサージ

肉体的・精神的なストレスが溜まり、性欲減退や勃起不全が見られる方のために、昔からスッポンやマムシなど、さまざまな精力剤が用いられてきました。これらに含まれる栄養素は体力を回復させ、男性ホルモンを活性化させたり、精子の質や量を改善したりすると考えられます。人によって体質が異なるため、誰にでも同じ精力剤が効くとは限りませんが、古くから人々に愛用されてきた成分には、それなりの効果があると見て良いでしょう。
精力剤だけでなく、精力増強に役立つマッサージもあります。勃起力は血流量によって左右されるため、血行を促進させることがマッサージの目的となります。睾丸の血行改善は、精子の量を増やすことにも繋がります。
睾丸マッサージはタイでは施療院などで本格的に行なわれていますが、日本ではまだまだ知名度が低いようです。しかし簡単なマッサージなら、自分で行なうことも可能です。やり方は陰嚢を優しく包むように持ち上げ、伸ばしたり引っ張ったりするだけです。温めてからマッサージするのがコツで、入浴時または風呂上がりに行なうと効果的とされています。毎日1~2分程度続けることで、睾丸の血行が促進され、男性ホルモンの分泌が促されるとともに、勃起力アップの効果も期待できます。
もうひとつのツボは会陰部にあります。会陰部とは陰嚢と肛門の中間の窪んだ部分のことです。ここを10秒ほど押しては放すことを、2~3分繰り返します。漢方では知られたツボですが、一般のマッサージ師は押してくれないので、自分で行なうのがお勧めです。ただし自転車競技の選手などで、会陰部に強い刺激を長時間与え続けると、逆に精力減退や無精子症になるという説もあるので注意してください。